Produce by Designya Wae

Word基本の基本のツボ!-その5-

Wordをほとんどやったことがないと言う方、または文章は作成しても図形は触ったことがないと言う方のための「基本中の基本」を説明しています。

文字を入れよう

文字を入力するには主に3通りあります。直接文書を入力する方法、テキストボックスに入力する方法(文書や文字列の配置や移動、サイズの変更が自由にできる)、ワードアート機能(デザイン文字の作成)を利用する方法です。ではまずテキストボックスの入力方法から始めましょう。(※当ダウンロードひな型ファイルは品名・価格等、ほとんどの項目がテキストボックスに収められています。)

テキストボックス1

【テキストボックスの作成】

図形描画ツールバーにあるボタンGテキストボックスツールのいずれかを選択します。(「メニューバー」→「挿入」→「テキストボックス」からでも選択可)
【A】マウスポインタが十字に変わったら希望のおおきさにドラッグします。枠内にカーソルが点滅していたら文字を入力してみましょう。文字入力が終わったらいちど選択をはずします。(テキストボックス外でクリック)。黒いラインの四角形が表れます(初期設定では「塗りつぶし・白」「線の色・黒」「文字設定は書体・明朝、サイズ・10.5pt」になっています。)

フォントダイアログボックス

【B】ではもう一度テキストボックスを選択しましょう。枠の真上にマウスポインタをもっていくと矢印十字に変わります。そこでクリック、枠の周りが※細かい網点で囲まれます。メニューバーの「書式」から「フォント」をクリックすると「フォント」ダイアログボックスが表示されます。
【C】「フォント」をクリック。希望のフォント(書体)・サイ ズ・色を選びます。(下にイメージが表示されますので参考にしましょう)
【D】文字の色を変更します。変えたい文字をドラッグし希望の色に変換します。
【E】文字の書体を変更します。変えたい文字をドラッグし希望の書体に変換します。

テキストボックス2

【行揃えの設定】
テキストボックスを選択しツールバーLから希望の「行揃え」を選択しましょう。
【F】両端揃え 【G】中央揃え 【H】右揃え 【I】均等割り付け

テキストボックス3

【テキストボックスに色をつける】
文字の設定以外はテキストボックスも図形と同じ要領で変更(サイズ・カラー等)できます。
テキストボックスの枠の真上(マウスポインタが矢印十字に変わります)でダブルクリック、「テキストボックスの書式設定」ダイアログボックスが表示されますので希望の設定に変更しましょう。
【J】塗りつぶし・白(又はなし)、線の色・黒 【K】塗りつぶし・なし、線の色・なし
【L】塗りつぶし・黄色、線の色・青、点線、太さ・6pt

【テキストボックスの選択について】
図形との選択方法が少し異なります。図形は枠内(塗りつぶしがある場合)・枠上、どちらをクリックしても選択できましたがテキストボックスでは枠の真上(マウスポインタが矢印十字に変わります)でクリックするかShiftキーを押しながらクリックしないと選択できません。枠内でクリックするとテキストボックスは細かい斜線で囲まれます(B・D参照)。ではそのちがいとは?
【細かい網点】枠上をクリック・・・「選択状態」
[1]ボックス内のフォントをまとめて変更できる。 [2]部分的な文字の変更はできない [3]テキストボックスの移動、色・サイズ等の変更が可能
【細かい斜線】枠内をクリック・・・「選択できていない状態」
[1]変更希望の文字を「ドラッグ」した時点で「選択状態」になる。 [2]部分的な文字の変更ができる [3]テキストボックスの移動、色・サイズ等の変更はできない。