Produce by Designya Wae

Word基本の基本のツボ!-その2-

Wordをほとんどやったことがないと言う方、または文章は作成しても図形は触ったことがないと言う方のための「基本中の基本」を説明しています。

色をつけよう

【オートシェイプの書式設定】
図形をダブルクリックすると「オートシェイプの書式設定」ダイアログボックスが表示されます。「色と線」をクリックし各項目を設定しましょう。

オートシェイプの書式設定

【選択・移動】

オブジェクトの中、または枠の真上をクリックし選択します。ドラッグすると移動ができます。(ただし、塗りの設定が「なし」の場合は内側をクリックしても選択できません。)

【色々な方法があります】

カラー設定

【カラーパレット】から希望の色を選ぶ。
【その他の色】から選ぶ
「その他の色」をクリックすると「色の設定」ダイアログボックスが表示されますので希望の色を選択します。
【塗りつぶし効果】から選ぶ
「塗りつぶし効果」をクリックすると「塗りつぶし効果」ダイアログボックスが表示されます。(次の項目より説明します)
【図形描画ツールバー】CやD(上記ツールボタン)からでも設定できます。

塗りつぶし効果

【グラデーション】

「グラデーション」をクリックします。希望の色2色を選びます。「グラデーションの種類」で希望の種類を選びます(各種類をクリックすると「バリエーション」の欄に表示されます)「バリエーション」の中から希望の種類を選びます。

パターンの設定

【パターン】

(線の色は「なし」です)「パターン」をクリックします。希望のパターンを選択し「前景・背景」の▼をクリック、希望の色をそれぞれ選択します。※その他「テクスチャ」や「図」もあります。

もう一工夫がんばってみたいと言う方。影や立体機能を使ってグレードアップしてみましょう!

【影の設定】(線の色は「なし」です)

影の設定

図形描画ツールバー」のF「影付きスタイル」をクリックします。表示されたパレットから希望の影を選択します。「影の設定」をクリックすると「影の設定ツールバー」が表示されます。
@影のオン・オフ
A影の調整
B影の色設定(▼をクリックするとカラーパレットが表示されます)

【3−Dスタイル(立体)設定】(線の色は「なし」です)

立体の設定

「図形描画ツールバー」のG「3−Dスタイル」をクリックします。表示されたパレットから希望のスタイルを選択します。「3−Dの設定」をクリックすると「3−Dの設定ツールバー」が表示されます。
@立体のオン・オフ
A立体面の調整
B立体面の色の調整(▼をクリックするとカラーパレットが表示されます)

■覚えておくと便利なショートカット■
【Ctrl+ドラッグ&ドロップ】選択した文字列や図形等をCtrlを押しながらドラッグ&ドロップでコピーができます。
【Ctrl+Shift+ドラッグ&ドロップ】選択した図形等をCtrl・Shiftを押しながら上下または左右にドラッグ&ドロップ。平行な位置にコピーができます。