Produce by Designya Wae

Word基本の基本のツボ!-その2-

Wordをほとんどやったことがないと言う方、または文章は作成しても図形は触ったことがないと言う方のための「基本中の基本」を説明しています。

図を描こう(オートシェイプ)

ツール

図を描くには図形描画ツールバーにあるBとOを使います。Bは四角や円・楕円を描く時に、またオートシェイプツールOには星や吹き出し、リボンや矢印など色々な図形が用意されています。(▼印をクリックすると表示されます)

【楕円を描こう】
図形描画ツールバーBの楕円マークをクリックしてください。マウスポインタが十字の形に変わります。斜めにドラッグすると楕円が描けます。初期設定では楕円の塗りつぶしは白、線は黒になっています。(※図ではわかりやすいように黄色にしています)いちどマウスポインタを楕円からはなしクリックしてオブジェクト(楕円)の選択をはずしてください。楕円の周りにある○(ハンドル)が消えます。
※Shiftキーを押しながらドラッグすると縦横1対1(正四角形・正円)の図形が描けます。

【選択・移動】

楕円

オブジェクトの中、または枠の真上をクリックし選択します。ドラッグすると移動ができます。(ただし、塗りの設定が「なし」の場合は内側をクリックしても選択できません。)

【拡大・縮小】

楕円2

○印にポインタを合わすと矢印マークに変わります。内側にドラッグすると縮小、外側にドラッグすると拡大できます。斜め矢印の場合は縦横同じ比率です。

【横サイズの変更】

横向き矢印は横サイズの変更に使います。

【縦サイズの変更】

楕円4

縦向き矢印は縦サイズの変更に使います。

【回転】

楕円5

上真ん中の緑の●にポインタを合わすと丸い矢印が出ます。ドラッグすると回転します。

【オートシェイプ】

オートシェイプ

Oのオートシェイプをクリックし描きたい図形を選びます。マウスポインタが十字マークに変わったらドラッグして好きな大きさに描きます。

■覚えておくと便利なショートカット■
【Ctrl+Z】直前の操作を元に戻します。(あっ、間違ったっていう時に。これは最も便利です。)
【Ctrl+Y】直前の操作をやりなおします。
【Ctrl+C】選択した文字列や図形等をコピーします。(ただし、コピーしただけでは何も出ません。ペーストを実行してください。
【Ctrl+V】コピーした文字列や図形等をペースト(貼り付け)します。